とても目を引くシェルの帯留

私が関わって活動をしているチャンテイックに

新しいアイテムが増えました。

それはシェルの帯留。

大ぶりの帯留で、ビーズでラウンド文様が重なり、

中心にシェルがお花の形に並んでいます。

プリミテイブな装飾として、

太古の時代から繰り返し装飾品として登場するシェル。

アフリカやアジア、ニューギニア、アメリカ・・・。

その昔は貨幣の役割をしていたり、

普遍的な命、形から生命や母胎などをイメージしていたり。

そんなシェルのアクセサリーが

なんと着物に合うことか。

アジアから見つけた和装に取り入れたいアイテム。

シェル帯留。きものサローネで

初お披露目&販売開始です。

IMG_2033

装着したときに体に沿うように工夫をしてあります。

大切な帯を傷つけないように

帯に忠節触れる内側には金具などは使っておりません。

※内側の布は不織布なので、擦れて毛羽立ちなど生ずることがあります。

シェル帯留

シェル帯留 3500円+税(税込3780円)