サクランボ祭り

近所に住む友人から、庭のサクランボが実ったので鳥と競争しませんか?との
お誘いをうけ、マジックハンドと袋を持って出かけました。

つやつや。粒は小さいけど佐藤錦が待っていました。

強く触ると潰れるくらいに柔らかく、真っ赤になった実を食べると
まごう事なきサクランボの味。おお!
高い枝になった物は鳥に譲りました。
寸胴に入れグラニュー糖をまぶし、←いまここ
この辺はパンジャの仕事。

美味しいサクランボのジャムになるまであと少し。

ずっとイベントでバタバタしていた間に
季節はくるりと初夏に向かっています。