ジパンの発売とその方法。

撮影風景

先日の武藤奈緒美さんのスタジオでの撮影は楽しかった!(^^)

このショットは最後に撮った集合写真。

予定していたよりも1時間も早く終了して、ほっとしているところです。

着物の撮影は撮影の合間合間に着崩れ(というほどの物じゃないけどシワとか)を

ちょこちょこ直しながらするものですが、

今回は普段の何気ない場面、着る前のリラックスした様子など

自然なショットが撮りたかったのでもうばっちり♪

武藤奈緒美さんの一瞬を逃さない撮影テクニック、

モデルの土屋咲登子さんは女優さん、

ほんとに何気ない雰囲気を作るのが上手、

小倉奈夕子さんのすっきりとした着付け、完璧なコーデイネート。

ああ~!幸せ。

新商品ジパンは襦袢だけど、そのまま着たくなるくらいかわいい襦袢。

そのかわいらしさは着物着ない人も洋服としてほしくなるくらい。

今コロナのこともあって、イベントでお披露目も出来なくなったので、

オンラインショップで発売も考えましたが、

それだと普通すぎますよね。

私は富士商会のウエブショップとクリーマでも販売をしていて、

そのクリーマの活動の一つに作家さんを応援するための

クラウドファンディング「creema spring」があることを知り、

今回のようなケースはクラウドファンディングとしてふさわしい物なのか

相談してみることにしました。

そうしたら、企画はしっかりしているし、とてもユニークで

まさにクラウドファンディングにふさわしい内容です。との

お言葉いただきまして、本気でやってみることにしたのです。

クラウドファンデイングには2つのタイプがあって、

一つは目標達成型。

目標金額に到達した場合のみ、プロジェクトの実施及び商品の提供が決定する形式。

もう一つは実行確約型。

目標金額に到達しない場合でも、プロジェクトの実施及び商品の提供が行われる形式。

私は実行確約型でクラウドファンディングを始めます。

目的は幅広く皆さんに知ってもらえること。

目標額は20万。

これはカタログの制作にかかわる費用に使います。

撮影、モデル、スタイリスト、印刷、デザイン、

撮影に必要な商品材料費、制作費。など。

期間は60日を今のところ考えています。

9月1日~10月30日くらい。

返礼のお品は、

インドハンドブロックプリントのポストカードやカタログ、

ジパンに使うつけ衿、特別な刺繍半襟、そしてジパン(襦袢)など。

返礼品はどれも魅力的なものにしたいと思っています。

ウエブショップでの販売はずっと先なので、

ぜひクラウドファンディングでゲットしてください。

撮影が終わったばかりなので

まだ皆さんにお見せできる写真などが少ないのですが、

9月になるまでの間ブログで毎日紹介していきたいと思います♪

クラウドファンディングは皆さんの参加が必要です。

一人でも多いほうが私もやる気が出て頑張れます

ぜひ、よろしくお願いいたします。

116111939_954029308406315_1465899372057004828_n