レトロ半衿・葡萄

秋を連想する果物は沢山あるけれど、葡萄の実と葉、

そして優雅な曲線をたたえる蔓を持つ葡萄は装飾の形としても人気があります。

古き良き時代のアールヌーボーの装飾にたびたび使われるデザイン、

ラリックやミュッシャの絵にも添えられる形は、着物の柄にも好まれます。

そんな葡萄を半衿に刺繍してみました。

半衿として使いやすい配置、大きさを考えてデザインしています。

同じデザインの物を色違いでご用意しております。

合わせる着物、お好みでお選びください。

刺繍の範囲が長いので襟を抜く着方をしても、

前の合わせ部分まで刺繍が出ます。

ポリの糸が苦手で肌がチクチクするという方も、

刺繍糸が肌に当たらないので安心です。

ピンクと黒の取り合わせは着物の柄の配色としても多いので

ばっちり合うコーデイネートがしやすいと思います。

白と黒のダブルの刺繍に見えますが、実は薄いピンクで刺繍しています。

ピンク半衿1

明るい黄色、クリーム、トーンを抑えた緑。

アクセントになる半衿ですが、クリームとグリーンが

ほどよい上品なバランスを保ってくれると思います。

コントラストが気になったときには伊達衿を入れると合わせやすくなります。

黄色葡萄1

控えめな暗色系の配色は刺繍半衿になれていない方にも

安心してお楽しみいただける一枚だと思います。

くすんだ紫、瓶覗きのような水色、クールな衿元を作ります。

水色1

富士商会のウエブショップにて本日より発売しています。

レトロ半衿・黄色

レトロ半衿・ピンク

レトロ半衿・水色