一欅庵(いっきょあん)*和の暮らし展・開催します。

 

 

年2回、古民家を舞台に、創作落雁と作家の新作を展示販売する贅沢なイベント、

一欅庵(いっきょあん)*和の暮らし展を来月4月9日(土曜)と10日(日曜)に開催します。

 

御伽草子の玉手箱

~瑠璃のかんざし~という不思議で綺麗でかわいい昔話をテーマにお送りします。

「瑠璃のかんざし」は江ノ島を舞台にしたお話で

海や貝殻や玉手箱などが登場します。

そこで、創作落雁は海を感じるモチーフを撰び、お味からも海を想起するものになります。

水牛の骨や角、水引、ガラス、蝋燭、石鹸、組紐、彫金、半衿、一閑張り、足袋、

ステーショナリーの各ジャンルの作家が「瑠璃のかんざし」のテーマを

自由にふくらませて新作を作ります。

関西からは状態の良い、used着物や帯を携えて。

今回は御伽草子のテーマを元に、特に変わった柄の着物や帯を用意してくれるそうですよ。

ポストカード裏面

 

 

ビーズを織り込んだ組紐で根付けを作るワークショップや

お肌を引き締めてむくみを解消する良い香りの保湿ジェル作り、

映画やコマーシャルの撮影に使われる一欅庵(いっきょあん)の

春の庭を愛でながらのお抹茶の手ほどきワークショップも、

お茶に興味がありながら今までチャンスがなかったという方、この機会に是非体験してください。

ポストカード表面

ワークショップに参加しない方も、この二日間は自由にご来場いただけます。

西荻窪は小さなお店が並んでいて、アンテイークショップや手芸屋さんや

おいしいお店もございます。来週DMを置きがてら偵察してきますので、

新しいお店を見つけたり、ちょっとオススメの所を発見したら、ブログにアップしますね。

リンク:落雁と季節の会ブログ