刺繍の足袋

刺繍足袋

私は刺繍の足袋が好き。

もう15年くらい前になるでしょうか。

静岡の民芸館で見た刺し子の足袋の美しさが忘れられず

こんな足袋が作りたい!と長い間あこがれていました。

そしてようやく刺繍足袋のオーダー会が出来るようになりました。

足袋の制作は素人では難しいし時間がかかる。

足袋つくりワークショップに参加したこともありますが

片方作るのに一日を費やし、

もう片方はお持ち帰りで自主製作となりました。

出来上がった足袋は、自分で履くにはいいよね、ね?

という感じの出来。

難しいのは親指と人差し指の間のカーブを縫うあたりと、

指を覆う布がきれいにふっくらとなるように縫うこと。

プロの職人さんは専用の木型に布をはめて

木槌でたたきながらきれいなカーブを作ります。

足袋は歩く時に足を守るもの。

装飾性と機能を兼ね備えないとだめです。

今回の受注足袋は、プロの足袋職人が作ります。

だから安心して注文してくださいね。

サイズも細かく5ミリで刻んでお作り出来ます。

あ~、夢のよう♪うれしいです。

第1回の受注会は12日が締め切りです。

それから布を刺繍して、職人さんに送って足袋に仕上げてもらいます。

お届けは8月30日を目指しています。

しっかりしたハンドワッシャーの足袋は夏が終わったあたりから、

来年の6月くらいまで大活躍すると思います。

富士商会のウエブショップで販売しています。

creemaでも販売していますので、都合の良いほうでお求めくださいね。