割烹着の袖口

割烹着の袖は作業がしやすいように
すぼまっていて、中にゴムが通っています。
だんだん緩くなってくるので、たまにゴムを取り替えます。
一カ所ゴムの入り口があるので
そこからゴムを出し、ゴム通しを使って
新しいゴムを入れて結びます。
最近の衣料はウエスト部分のゴムがミシンで
布に縫いつけてあり交換不可能の構造に
なっている物も多いですね。
布はちゃんとしているのに、買い換えるしかない。
もったいないですね。

これがゴム通し。
裁縫道具の中で特に好きな物の一つ。
若い人は知ってますか?