栗と栗鼠と栗山町とクリーマ

北海道にある栗山町は人口が少ないところ。

でも栗の木はたくさんある。

ほかにもいっぱいいろんないいところがあって

土曜日のTBSラジオ週末ノオトのDJ、バービーさんの出身地。

その栗山町とクリーマがコラボして

栗山町×Creema クリエイテイブコンテスト

今参加者を募集しています。(7月31日まで)

私も得意分野で参加することにして、

こんな栗鼠と栗の半襟を作りました。

栗鼠と栗5small

栗鼠と栗の半襟

晩秋の森の中に聞こえる栗鼠の歌
たくさんの栗を収穫し
いろんなところに分けて隠し
そのいくつかは隠した場所を忘れて

春になると新しい
栗の芽が
雪を押し上げて日の光を浴びる。

毎年同じようにある光景。
当たり前の幸せな光景。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くりねずみは冬の間に食べましょうと

秋にせっせと実を集めて、

木の根っこや草原など、いろんなところに貯蔵するそうです。

雪に覆われた森の中を行ったり来たり。

埋めておいたごちそうを掘り出して食べる。(^^)

でもその中のいくつかは、埋めた場所を忘れてしまい、

雪が解けて春になると、森のあちこちで

新しい小さな芽が伸び始める。

実は私も備品ストックは好きなほうで

布や紙、ビーズや手芸材料など、いろんなものをストックする。

綺麗な布や紙は、いつか使うかなと思いながら

なかなかぴったりのタイミングが合わなかったり、

布はハサミを入れて何か作ってしまうと終わりなので、

いやもっといいものが、この先作れるんじゃないかと

ふとためらって、またストックの箱に戻してしまう。

わたしのストックの森から布の芽が伸びてくることはないので、

これからはストック達もちゃんと「カタチ」に

出来るようにしたいと思います。

7月23日朝。