毎日の着物・1月3日

今日は新年会があるので、おめでたく松の半衿をえらびました。

総絞りの着物は初屋さんのイベント(初屋のステキなキモノや帯たち)で一目惚れしたもので、

サイズもぴったりのお気に入り。

(※初屋さんのアンテーク着物はほんとに趣味の良い物ばかりなので

買わないにしても催事に行くと目の保養になりますよ。

次回は1月25日~27日・自由ヶ丘・奥沢”読書空間みかも”で行われます。)

~初屋のステキなキモノや帯たち~

帯揚げはベトナムシルクのスカーフ。

和キッチュがあったときに時々帯揚げとして販売していたものです。

しぼ感と適度なボリュームが使いやすい帯揚。

そして帯は「お洒落な義母・愛子さん」から25年前に頂いた物。

愛子さんはこの竹柄の反物から帯と羽織を作ったんだそうです。

その両方を頂戴しましたが、両方使うことはほぼありませんが、

シンプルな柄と渋い色が重宝しています。

当時着物初心者の私は、一反から帯と羽織を作る発送はすごいな~と

そのお洒落心に感心してしまいました。

3日のコーデ

帯締は昔のビーズの帯締めで、ビーズの小さいこと小さいこと。

丸小ビーズだってこれに比べたらかなり大きい感じがします。

購入時は紐がすり切れてそのままでは使えない物だったので

お値段も300円くらいだったかな。

素材用に購入したのですが、とりあえず締められるように修理して

そのまんま使用して今に至っております。(笑)

3日のコーデ4

これに割烹着着て、今日も仕事します。