毎日着物・6月1日

6月になりました。今年も半分、折り返し地点通過。

慌ただしい2019年、途中で年号も変わり、

なんだか時間のスピードも加速したように感じます。

今日はしじら。しぼの感じがさらっとしていて肌に気持ちが良い。

そして夏帯、オーガンジーの半衿。

6月1日1

この夏帯はかれこれ20年以上毎年夏にしめています。

よく見るとお太鼓(外部分)と胴部分(隠れる中側)の色がこんなに違う。

焼けたのかな。そして、よく見るとあちこちシミが・・・。

6月1日3

名古屋帯ですがお太鼓にすると家の中で働くのにはもたつくので、

半分に折って結んでみました。

結ばない帯結びのように胴に巻いてもいいのですが、

この夏帯はちょっと厚みがあるので、こんな風にしました。

お太鼓部分を切れば結ばない帯結びも出来ます。

シミだらけだからいずれそんな風に使うかもしれないですが、

第1位段階で(名古屋でお太鼓→切る→結ばない帯結びや半幅帯として)、

遊んで楽しんでみました。

6月1日4

前で結んで、後ろに回します。

6月1日5

6月1日2

さ、今日も仕事。

さて、

根津の朱音屋さんのお茶会用に

半夏生の刺繍半衿を作りました。

打ち合わせは先日の一欅庵(いっきょあん)*和の暮らし展で、

ひっそりこっそり。

3日間一緒に過ごしていると、他の作家達と情報交換や、

趣味の話やコラボなどいろんな蕾が膨らみます。

物を売る、だけじゃなくて人と人との繋がりが生まれて育つ。

イベントはそんな機会です。

もちろんお客さまとも♪毎年来てくださる方、

前回購入した半衿を付けて、着物で遊びに来てくださる方。

回を重ねるごとに一欅庵(いっきょあん)の大きな建物や

お庭にとても愛情を感じています。

IMG_1526

半夏生の花の半分白い色は、白粉を塗ったようで。

ずっと半化粧が名前だと思っていました。

調べてみるとカタシログサとも言う、どくだみの仲間らしい。

IMG_1527

オーガンジーの半夏生。季節感を楽しんで。

朱音屋さんでお求め頂けます。