着物に花を添える❤刺繍のある帯揚、出来ました。

帯揚が作りたいなあと、昨年くらいからずっと考えていました。

問題はどんな布を使うか・・・。

綺麗なだけじゃなくて機能的にしたいし、手入れも楽じゃないとやだし。

そしたら、カリスマ販売員のなゆこさんが、

「新之助の綿麻の兵児帯を帯揚げにしたら

汗は吸収するしシワ気にならないし、いいよ~」と教えてくれました。

さっそく近江の新之助さんから、反物をいくつか送っていただいて

どれもキレイでうっとり・・・、ではありましたが

帯揚げに使いやすそうな色を2本選んで製作開始です。

36259896_1758454834243102_7856023478246309888_n

布を見ていると乗せたい刺繍のイメージが浮かんできます。

数センチごとに色が変わる反物は半分に切り、

赤い色が印象的な方にはクロスステッチのバラ。

帯締1

青色が印象的な方には白い実を刺繍しました。

もう一本の薄い紫色を感じるような白い反物は、野の花を。

IMG_3577

作っているときから胸がキュンキュン❤

それをさっそくなゆこさんに送って試着していただきました。

(^-^)

すぐにこんなに素敵なコーデの写真が届きました!

着物×帯揚×帯×帯締×帯留

バランス、かけ算、足し算、引き算。あれやこれやの楽しさ。

なゆこさんのコーデ、

色が共鳴し、一つのリズムを感じます。素敵です。

36521296_1317865655010427_730290692546363392_n

黒の着物にきりりと白い帯揚げ。

野の花の刺繍がクールに効いています。

36554232_1317865331677126_3824759640848072704_n

これはまた、誂えたかのように・・・。

一幅の絵を見ているようです。

帯留のグリーン、帯締の紫ラインも実に美しい。

36598138_1317865518343774_2079751854828290048_n

さりげなく、大人のかわいらしさを演出出来る帯揚げ。

36664427_1321056034691389_3809858299059240960_n

一反から作れる帯揚は限られていますが、

(たぶん6~8本くらい出来るかな。)

富士商会のサイトにて近々販売スタートです。

※クロスステッチのバラと白い実の帯揚げですが、

刺繍位置の所が何色になるか一点一点異なります。