袖を通す


毎日着る着物を選ぶときに
自然、手がのびる着物と
そうならない着物があります。
私の場合は汚れそうな色の薄い着物がそうです。
汚しそうでちょっとこわい。
外出するときも居酒屋にいくのはさけたいし
家の中で着るとうっかり汚してしまいそう。
そうして手を通さないまま、
衣替えの季節を迎えてしまいがちです。
着物は着て、風を通すのが一番の虫干しなので
たまにはそんな出番が少ない着物に袖を通すことにします。
この着物もデリケートな織り模様が美しい一枚です。
帯も何故か出番が少ないものを合わせてみました。
写真を撮ったら、いつものように割烹着でカバー。(笑)